富山大会概要

開催概要

 

ご挨拶

 2021年、千葉で開かれた新都心国際ピアノコンクールは、昨年9月18日に25人の受賞者授賞式およびコンサートが千葉県立青葉の森芸術文化ホールで行われ、盛況のうちに幕を閉じました。
 今回は、昨年本選開催の千葉大会に加え(今年度実施詳細未定)。富山県大会を実施。オンライン予選の後、8月には富山市で本選会、受賞者コンサートは、10月、富山県氷見市で行います。
 第1回本選は先進の幕張新都心を擁する千葉市で行いましたが、今回本選開催地に加えた富山は、資源豊かな日本海に面し、雄大な立山連峰に抱かれる自然豊かな県です。いにしえの伝統工芸、文化は現代に継承され、世界中に発信されており、売薬は現代の世界に誇る先進科学に引き継がれるなど、まさに温故知新の教育文化県と呼ぶにふさわしい地域。

 富山県出身の画家、アンビグラム作家、野村一晟氏の作品をご覧ください。この書を180度回転させてみるとき、2つの言葉の融合アートであることに気づきます。 
 クラシック(伝統的)ピアノを未来に響かせる新しい才能を発掘し、今までのコンクールを「進化」させて世界中に発信することができればこの上ない喜びです。

※アンビグラムとは、180度回転させるなど、見方を変えても読める文字アートのこと。

新コン 実施目的

基本目的

 多様な表現の時代にあっても、長い歴史を持ち、伝統的な表現方法が内包されているクラシック音楽、特にピアノ演奏において、それぞれの練習段階における技術力と表現力の高いピアニストを発掘し、我が国のクラシック音楽の国際的な水準への向上、振興と発展、国際交流に寄与するとともに、努力されている方に発表の場を提供し、今後の演奏活動の支援をしていくことを目的とする。また、演奏をホールに響かせることで、一流の音楽芸術の鑑賞機会の創出と生涯学習に寄与することを目的とする。

富山大会実施目的

 ピアニストを富山から発掘し、我が国のクラシック音楽の国際的な水準への向上、振興と発展、国際交流に寄与するとともに、努力されている演奏者に発表の場を提供し、今後の演奏活動の支援をすることを目的とする。
開催都市として伝統の名にふさわしい富山から、進化したコンクールの発信を行い、地方創生を目的とする。 

エントリー要項

参加資格・その他注意事項
年齢、性別、国籍、学歴、プロ、アマなどは不問 ただし、日本国内に連絡先を持ち、メールや電話を日本語で応対できること。

※学校や会社に属している者は、必要であれば個別に参加概要を学校、会社などに報告、許可を得ること。演奏の様子やプロフィールなどが報道されることもある。プロであっても主催者は演奏費用などは支払わない。

※参加による参加者の一切の不利益は、主催者、共催者、後援者、審査員は責任を負わない。

※本選会場、受賞者コンサート会場までの交通費、宿泊費などは参加者が負担すること。

※受賞者コンサートは授賞式を兼ねる。参加しない場合は途中棄権とみなす。

※当コンクールは、富山大会、千葉大会それぞれのWeb予選、公開本選、授賞式および受賞者コンサート、すべてを通して完全非営利で予算計上、各機関の後援を得て実施されます。会場費、賞品も含む全経費は、主にエントリー費用で賄われます。本選出場が決まった場合は本選への参加、さらに受賞した場合は授賞式、受賞者コンサートに参加することを前提とし、この要綱をよく読み、理解したうえで、エントリーしてください。

Web予選概要

 感染症予防などから、予選は動画審査とします。演奏している様子を動画で撮影し、音声加工などはしない無編集ファイルを共有サイトにアップロード。アドレスとパスワードを事務局にメールでお送りいただく方法でおこないます。

予選エントリー期間と、本選出場までの流れ

2022年2022年2月10日(木)~6月15日(水)

エントリー期間には、動画撮影およびアップロード期間を含みます。お早めにエントリーをお申し込み下さい。

このページの一番下のエントリーお申込みはこちらボタンから、決済サイトhttps://wakuwaku.ocnk.net/に進み、WEB予選エントリー費用をご決済ください。

新都心国際ピアノコンクール(参加部門をカートに入れて)ご購入(エントリーお1人につき、1申し込みが必要です。)決済終了後に送られる確認メール記載のリンクから、エントリーフォームにてエントリーください。
(未成年者は保護者名でお申込み、参加者の欄にエントリーされる方の情報をご記入ください。)

5月1日以降に動画のアップロードをお願いします。

メールを受け取り次第、再び決済サイトで本選エントリー費用を決済後、本選エントリーフォームへの記載をお願いします。


注意
※繰り返し記号は無視すること。制限時間を超える曲を選曲した場合、冒頭から制限時間内で録画すること。曲の最初と最後を弾いても構わない。曲が短く、制限時間内であれば2曲あるいは2楽章でも構わない。審査に影響はない。

※暗譜にてクラシック、ピアノソロ曲のみとし、アンサンブルやセッション、協奏曲は不可 本選と同一曲可

※審査員が、該当者なしと判断した場合、予選通過人数が、上記より下回ることもある。本選出場にふさわしい場合、多く通過することもある。

予選動画送付手順 5月1日(日)からアップロード可能

 ①カメラを固定し、ピアノに座り、頭からつま先がしっかり映るように撮影。

※アップライト、グランド問わない。足台を用いても構わない。電子、エレクトーンなどは不可、学校や職場、練習室、ホールなどの場合、撮影場所管理者の許可をとること。ストリートビアノや調律のなされていないピアノは不可。

※他者の著作権や肖像権を侵害していない、本人の演奏であること。コピーを発表(youtubeを含む)しないこと。事務局も、この動画を無許可で審査以外に使用することはない。

※マイクをカメラに入力してもよいが、ノーカット1本のみとし、エコーやリバーブも含む編集などは行わない。生活音や雑音、話し声などは極力ない環境で撮影する。

※基本的に横位置で撮影すること。スマホでもよいが、画面を横に撮影するのが望ましい

※自己紹介や自己アピールなどを撮影しても、審査されない。

動画をギガファイル便https://gigafile.nu/にアップロード

※ファイルの保存期間は、7月3日時点で審査員が閲覧できる期間とすること。

※動画の形式は、一般的なwindows PCで再生できるmp4やWMV形式とします。4Kなど、ファイルが大きすぎる形式は避けてください。

ファイルの変換は、無料アプリ等でなるべく各自行ってください。

③アップロードしたファイルのアドレスと、パスワードを控える。

動画にパスワードを設定する場合、必ずフォームに記入すること。

動画が閲覧できない場合、失格とすることもあります。

 

指導者の方は、必ず「指導者の皆様へ」ページをご覧ください。

予選通過者発表2021年7月10日までに受賞者にはメールで通知と当WEBで発表

予選通過基準について
 当コンクールは、基本的に審査員ごとの予選通過想定点数の平均値よりも高く、かつ審査時間が確保できる人数を予選通過者とします。(上の表にに通過想定人数が目安)

よって、部門ごとの予選エントリー者数の違いにより、部門によっては予選通過予定人数が変わることもあります。予選通過者は、本選出場以降参加が前提となります。

予選通過者一覧

本選2022年8月11日(祝)北日本新聞ホール(入場無料)につきまして

 演奏の注意 エントリー後に、当日の無料観覧者や体調についてのフォームへのリンクが送られます。演奏者も客席にてご覧ください。客席はグループごとにほかのグループとは間隔をあけてお座りください。ただし、前の方の演奏者控え席と、後方の審査員席はあけてください。審査員の皆様には、後方の審査員席にお座りりいただきます。ご自分の部門の前の部門で呼び出しがあります。最前列に着席してください。

公開本選

  • 実施:2022年8月11日(祝)
  • 10:30開場
  • 11:00開演
  • こどもの部より審査開始
  • 12:00頃 休憩 (中学生以上は、12:30にお越しください)
  • 13:00中学生以上審査開始
  • 14:00審査員総括
  • 結果掲示予定
  • インタビュー時間など
  •  
  • 於:北日本新聞ホール
  • 入場無料 関係者のみ

演奏の注意
※繰り返し記号は無視すること。制限時間を超える曲を選曲した場合、冒頭から制限時間までのみ演奏すること。制限時間でベルが鳴り演奏終了となるが、審査に影響はない。

※暗譜にてクラシック、ピアノソロ曲のみとし、アンサンブルやセッション、協奏曲は不可。予選と同一曲可

※感染症対策として、演奏時は手指消毒、演奏時以外はマスクを着用すること。当日含め2週間以内に発熱、渡航、濃厚接触がないことを、出場条件とする。 

※当日、ドレス着用などの必要はない。また、過度な露出の衣装は控えること。

※当日の会場への入場は無料で自由席とする。本選公開審査のため、拍手や歓声は控えること。

※足台は各自用意すること。

※当日はテレビ番組制作スタッフによる、撮影、インタビューがございます。ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

予選前の注意事項の再確認

※受賞者コンサートは授賞式を兼ねる。参加しない場合は途中棄権とみなす。
※当コンクールは、Web予選、公開本選、授賞式および受賞者コンサート、すべてを通して完全非営利で予算計上、各機関の後援を得て実施されます。会場費、賞品も含む全経費は、主にエントリー費用で賄われます。本選出場が決まった場合は本選への参加、さらに受賞した場合は授賞式、受賞者コンサートに参加することを前提とします。

授賞

公開本選会で、各部門順1位から3位まで(3位入賞)及び奨励賞を決定、

記念のー(1~3位)盾(奨励賞)、少額の奨学金、副賞(農協より氷見市特産物を予定)が送られます。(本コンクールの趣旨に沿い、受賞要件に満たない場合、賞に該当者がいないこともあります。)

採点基準

 

予選

各審査員は、予選通過者のレベルを定め、そのうえで10.0点満点で審査する。各審査員ごとの得点差を、平均点を基に調整し、合計点の上位本選予定人数までを出場とする。

本選

各先生方には、予選同様10.0点満点で、3位以上獲得の規準を8.0となりように採点していただく。

各先生方ごとの全得点平均点の平均値に合わせてばらつきなどの得点調整。

演奏者ごとに全先生方の得点平均値を基に並べる。

奨励賞は部門によっては人数差があるが、他部門との公平性からやむを得ないものとする。

第1回の参考基準に合わせて授与する。

1位全審査員8.6以上、2位全審査員8.3以上、3位全審査員8.0以上

審査員1人だけ基準以下の場合、あるいは同順位に該当者がいた場合(小数点以下2位までで比べて同点でなければ、その順位の下(2位の場合3位、3位の場合奨励賞になる。)

7.9の扱い  7.9以下を付けた審査員がいた場合、審査員のうち3人以上が8.0以上をつけている、もしくは1人が8.6以上、もう一人が8.0以上をつけているなどの場合、奨励賞とする。必然的に同じ部門のその該当者以上の平均点の者は、矛盾が無いよう奨励賞とする。

受賞者コンサート

受賞者は、10月に開かれる授賞式・受賞者コンサートに参加でき、大ホールに自身の音色を響かせることができます。ドレスなども、もちろん可能です。

  •  
  •  
  •  



審査員

審査員は、公平生の観点から、審査委員長、客員審査員を事務局からの指名審査員とし、3名の大会開催地域公募審査員にお願いしております。


審査委員長
【井筒響子】
桐朋学園女子高等学校音楽科ピアノ専攻、同大学ピアノ専攻卒業。 同大学ぺダコジカルディプロマ(修士課程)を首席で修了。 パリエコールノルマル音楽院、モーツァルテウム音楽院にて首席で演奏ディプロマ取得。 在学中にピティナやピアノ教育連盟などの数々のコンクールでファイナルに入賞し、1994年から度々パリやオーストリアに往来 G.ムニエ氏より大絶賛を受け、ヨーロッパにてリサイタルデビュー。 1999年より家永オーディションに合格し、家永音楽事務所に所属し日本でも活動開始し、津田ホール、オペラシティ、JTアートホール、浜離宮朝日ホールなど数々の主要ホールでコンサートをこなしてきた(音楽誌ショパン、ムジカノーヴァにて好評が掲載)。2001年渡米し 数々のリサイタルや、米サンアンジェロ大学などで協奏曲と、USにも活動の幅を広げ、ビエンナルピノールト国際コンクール(N.Y.開催)最高位、審査員特別賞。万里の長城杯三位他、多数の国際コンクールで上位入賞。 ピノールトHPニュースにて「世界に出ていく突出して光ったピアノニスト」と掲載される。2014年より毎年、米大使館コンサートに招待出演。ドイツのラジオにて好評を得る。 2017年ブウァスチック指揮シレジア・フィルハーモニー管弦楽団と、フィルハーモニーホールにてピアノ協奏曲を共演し、ポーランドにもリサイタルの幅を広げる。 A,ヤシンスキ(カトヴィツェ音楽院教授、ショパン国際コンクール審査員長)に、協奏曲演奏法を学ぶ。現在に至るまで、アメリカ全土(L.A.N.Y.フロリダ、サンアンジェロ等)をはじめ、ヨーロッパ各地で演奏活動。サンアンジェロ大学他大学の講座の講師や伴奏員を経て、動画サイト配信コンサートや、多数のコンクールや大学の伴奏、2021年4月には千葉市民ホール大ホールにてソロコンサートを行い、1000人の満席となったほか、伴奏コンサート、講演、編曲、大使館コンサート客演など多岐に渡り活躍中。著書に「自立できる子に育てたければピアノを教えなさい」サンチュアリ出版
客員審査員
【田山仁深 (たやまひとみ)】
4 歳よりピアノを始める。雙葉小学校入学後、学業と共にピアノに於いて、本格的な研鑚を積む。
雙葉小学校附属幼稚園時より夏期に、祖父在住の英国に渡航し、ベンジャミン・カプラン氏のもとで研鑚を積む。現地にて多数演奏会及びチャリティーコンサートに出演。国内に於いては、竹内啓子氏に師事。作曲・音楽理論を香月修氏、新実徳英氏に師事。
2009 年、東京都立芸術高等学校音楽科卒業。立教大学入学。桐朋学園大学音楽学部(ピアノ専攻)首席合格。
同年、桐朋学園大学の最難関コースである“ソリスト・ディプロマ・コース” (ピアノ専攻) に満場一致の成績にて
合格。以降、立教とのダブルスクールを行う。
2013 年、立教大学文学部キリスト教学科卒業。2015 年、立教大学大学院キリスト教学研究科博士前期課程修了。
同年、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマ・コース修了。
1995 年 雙葉会にてピアノを始め、桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室仙川教室入室。
2001 年 英国にて演奏会出演。
2002 年 Royal Academy of Music 教授 ヘーミッシュ・ミルン氏主宰のフランス Olonne Music Festival に最年少で参加。演奏会にてショパンの作品、スケルツォを中心に演奏。地元新聞にも取り上げられた。
英国に戻り、演奏会及びチャリティーコンサートに出演。
2004 年 ロシアンピアノスクール in 東京 受講。 diploma 取得。
第 6 回日本演奏家コンクールピアノ部門中学校の部第 3 位(2 位なし)。旧奏楽堂にて入賞者演奏会に出演。
第 7 回「長江杯」国際音楽コンクールピアノ部門中学校の部第 4 位(1 位、2 位なし)。入賞者演奏会に出演。
横浜みなとみらいホールにてコンサートを開く。英国にて演奏会及びチャリティーコンサートに出演。
2005 年 ロシアンピアノスクール in 東京 受講。 diploma 取得。
横浜みなとみらいホールにてコンサートを開く。英国にて演奏会及びチャリティーコンサートに出演。
2006 年 ロシアンピアノスクール in 東京 受講。 diploma 取得。
2007 年 第 13 回全日本ジュニアクラシック音楽コンクールピアノ部門高校生部門最高位第3位(1 位、2 位なし)。
記念演奏会に出演。
2008 年 第 9 回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 高校生部門金賞。
浜離宮朝日ホールにて記念演奏会に出演。
小田原青少年のための「パルナッスムコンサート」に出演。
2009 年 ロシアンピアノスクール in 東京 受講。 diploma 取得。
いしかわミュージックアカデミー 受講。修了演奏会に出演。
2010 年 第 11 回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 大学生部門最高位銀賞(金賞なし)。
記念演奏会に出演。

2013 年 汐留ホールにて、田山仁深ピアノリサイタル開催。
パスカル・ドゥヴァイヨン氏主宰ミュージック・アルプ(フランス・ティーニュ) 講習会に参加。
修了選抜演奏会に出演。
2022 年 田山仁深作曲・演奏 CD『ボルネオオランウータンの一生』をリリース。
ホテルカデンツァ東京にて、コンサート開催。
チャームプレミア田園調布にて、コンサート開催。

2014 年から教鞭を執り、現在に至る。自身の演奏を通して音楽の魅力をわかりやすく伝えることをモットーにし、教育活動を続けている。
客員審査員
【杉山真衣子(Maiko Sugiyama)】

香川県三木町出身。
桐朋女子高等学校音楽科(共学)を経て、桐朋学園大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻を卒業。全日本学生音楽コンクール高校の部 東京大会第2位はじめ、数多くのコンクールで受賞。
モーツァルトピアノコンチェルトK466、ロシアでラフマニノフ2番のコンチェルトのソリストを務める。
2022年にザ・シンフォニーホールでコンチェルトを演奏予定。
B.P.MUSIC STUDIO主宰講師、指導歴26年(2021年)現在に至る。
親子で楽しめる地域活動イベントを行うほか、ソロリサイタル・室内楽の演奏会等の企画・運営・出演など各方面で活動。
東京国際芸術協会会員。
これまでに、故村尾アサ子、古藤幹子、故井上直幸、権藤譲子、ノレッタ・コンチ、故ケンドル・テイラー、玉井美子、大野眞嗣、大石学の各氏に師事。

富山審査員
【中村恵理子】
武蔵野音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。遠藤慶子・奥田操・三津橋文子・林美禰子の各氏に師事。PTNAコンペティション審査員、ステップアドバイザー、富山県青少年音楽コンクール、富山県新人演奏会の審査員を務める。ピティナ富山ちゅーりっぷステーション代表。ピティナ指導者賞10回受賞。中村恵理子ピアノ教室主宰。
富山審査員
【野上真理子】
武蔵野音楽大学ピアノ科。
ソロ、ピアノデュオなどの演奏の他、合唱や弦楽等の伴奏活動もしている。
ピティナピアノコンペティション、日本クラシック音楽コンクール、富山県青少年音楽コンクール等の審査員もつとめる。
ピアノ・カンタービレ主宰。
富山審査員(予選)
【長澤 末子】
武蔵野音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業。ピアノを大澤多美子、羽田野英子の各氏に師事。2003年より、ピティナ指導者賞を連続受賞。
2013年ピティナ特別指導者賞を受賞。ピティナコンペティション審査員、ステップアドバイザーを務める。全日本ピアノ指導者協会正会員。

 

第一回継続審査員千葉(オンライン)
【佐々木ますよ】
大阪芸術大学演奏学科ピアノ専攻卒業
ウィーン夏季セミナー受講
ウィーン国立音楽大学教授アレキサンダー・イエンナ氏の個人レッスン受講
リスト音楽院教授ゼンプレーニ・コロネル氏の個人レッスン受講
ウィーン国立音楽大学教授ステファン・ミュラー氏の個人レッスン受講
フレッシュアーティストコンサート出演
期待される10代推薦アーティストコンサート出演
関西フィル管弦楽団とモーツァルトピアノ協奏曲を協演
すずらん会partⅡ ソリストの会出演
七夕コンサート出演
ジョイントサロンコンサート出演
CONTINUAREジョイントコンサート出演
東日本大震災支援「白樫音楽サロンコンサート」出演
すずらん会partⅡ デュオの夕べ出演
東京ピアノコンクール1位受賞
ANP全日本演奏家協会審査員賞受賞及び記念コンサート出演
ベーテンピアノコンクール一般の部 全国5位受賞及び記念コンサート出演
コンソルソ・ムジカアルテピアノコンクール ステッラ部門特別賞プレミオ・スペチャーレ受賞
相模ピアノコンペティション銅賞受賞
愛知ピアノコンクール銅賞受賞
EIPIC国際ピアノコンクールディプロマ賞受賞
デザインKアンリミティッドピアノコンクール奨励賞受賞
六本木国際ピアノコンクール 六本木ピアノ賞受賞
ブルーメンシュタインピアノコンクール 奨励賞受賞
日演奏家コンクール入賞
ブルクハルト国際音楽コンクール入賞
フレッシュ横浜音楽コンクール入賞
その他入賞・受賞など多数あり
千葉市教育委員会より依頼を受け、小学校で特別非常勤講師として音楽講師を11年間勤める
施設でのボランティア演奏や各種コンサートでの演奏・合奏・バイオリンの伴奏など地域の音楽普及のために積極的に演奏活動を行っている
動物愛護ボランティア「Rosa」を結成し保護団体へ寄付のため演奏会を行っている
コンクールでの上位入賞者や大学・短期大学・専門学校などへの合格者を数多く輩出
日演連・PTNA指導者教会・楽の会・千葉市音楽協会各会員
・ 千葉市立小学校特別非常勤講師

・カルチャーセンターピアノ講師

・ 日本クラシック音楽コンクール審査員

・新都心国際ピアノコンクール審査員



アレキサンダーイエンナー・ゼンプレーニコロネル・マックスエッガー・ステファンミュラー・山内鈴子各氏に師事
卒業後も恩師の元で自身の勉学に励んでいる

後援

富山県教育委員会 富山市教育委員会 北日本新聞社

公式サイト

https://eee.or.jp/nic/

お問い合わせ

 

一般社団法人高等教育開発 新都心国際ピアノコンクールコンサート運営事務局 03-6821-1755

海外からは+813 6821 1755

Mail shintoshin@wakuwaku.ocnk.net